面接が得意な人は読み飛ばしてOK
【これ使って面接で助けられた話】

面接官の直感に対応する方法
「自分が面接官にどのような印象を持たれているのか」を知る方法

面接ってほとんど直感で答えますよね。

面接官はその回答から、色々なイメージを受験生に抱きます。

「この子ってストレス耐性は大丈夫?」とかですね。そして、予想もしない質問を投げかけてきます。

わたしの場合、次のようなフィードバックを貰っていたので助かりました。実際の面接では、ストレス耐性等の質問をされることがありましたが、このコメントのお陰で万全の対策ができていました

短所が的中
OfferBox の社会人基礎力に関するコメント
 ストレス耐性が的中
キミスカの人物像に関するコメント

これは100以上の質問に直感で答えた結果として貰えるコメント。直感で答えたことに対するコメントなので、まさに面接官側の印象を知れるというわけです。

民間の就活生は使うのに、なぜか公務員受験生は使わないこの自己分析ツール。

私は次の2つを使って助けられましたが、一つでも充分です。

今、多くの公務員受験生が使っています!!

➤【無料】Offerboxで自分の印象を調べてみる

【就活生の3人に1人が使っている】オファーボックスの使い方

「新規登録」をクリックし、メールアドレスとパスワードを設定するだけ。

あとは、基本情報を簡単に入力するだけ。

入力後、適性検査を受けることができます!

➤【無料】Offerboxの公式サイトはこちらから

➤【無料】キミスカで自分の印象を調べてみる

【就活生の4人に1人が使っている】キミスカの使い方

「新規登録」をクリックし、メールアドレスとパスワードを設定するだけ。

あとは、基本情報を簡単に入力すれば、適性検査を受けることができます!

➤【無料】キミスカの公式サイトはこちらから

無料なので今登録して、落ち着いたら試してみる
新卒時と転職時の面接でかなり助けられたのでおすすめ!民間の就活生の多くが利用しています。

\民間の就活生は活用しています/

就活生の3人に1人が使っている
➤【無料】OfferBoxで自己分析をしてみる
就活生の4人に1人が使っている
➤【無料】キミスカで自己分析をしてみる

【簡単】公務員志望者ももちろん登録できます

この記事で知れること
  • 千葉県庁の論文試験の概要
  • 千葉県庁の論文試験の出題テーマ
  • 千葉県庁の論文試験過去問

千葉県の論文試験の概要や過去問についてまとめています。

過去問から出題傾向を把握することが一番大事なので、この記事を読んでしっかりと対策しましょう。

\民間の就活生は活用しています/

就活生の3人に1人が使っている
➤【無料】OfferBoxで自己分析をしてみる
就活生の4人に1人が使っている
➤【無料】キミスカで自己分析をしてみる

【簡単】公務員志望者ももちろん登録できます

面接対策する時間がない人へ
面接全通のノウハウはXで!
X(旧Twitter)で面接対策
面接対策情報を中心に
有益情報を発信中!

X(旧Twitter)はこちらから

志望動機の添削はこちらで!

添削依頼する
内定者の声

千葉県庁:論文試験の概要

受験者の多い上級試験の概要です。

千葉県の論文試験の概要
  • 試験時間:90分
  • 文字数:不明

文字数は不明ですが、おそらく一般的な他の自治体の試験と同様に1,000文字程度だと思われます。

人が一時間でかける文章は1,000字程度。

私の場合、早く書いて50分で1,300字程度書けます。

このことを考えると、千葉県庁の論文試験は時間的余裕があると言えます。

これ以外の概要はホームページをご覧ください。

千葉県のホームページはこちら

千葉県庁:論文試験の過去問例

千葉県庁に限らず論文試験は過去問をみて、出題傾向を把握することが大事。

出題されるテーマをある程度絞りこむことができるからですね。

ただ、古過ぎる過去問を見ても意味があまりありません。

ここでは千葉県庁の近年の過去問を紹介します。

千葉県庁の論文:直近の出題傾向

千葉県の論文試験で過去に出題されたテーマは以下の通りです。

年度テーマ
2022自治体の広域連携
2021コロナによる新しい課題への対応
2020行政運営の工夫
2019公務員の数について
2018新しい政策視点について
2017高齢化
2016地方分権
2015国際化
2014説明責任
2013文化政策

見てみると、あまり特殊なテーマは見られません。

基本的なテーマを準備しておきましょう。

千葉県庁の論文:直近3年の出題例

千葉県の論文試験の直近3年の過去問は以下の通り。

古すぎる過去問を見ても参考にならないので、3年分ぐらい把握してればOKです。

千葉県の論文試験は、一般的な社会課題に関する出題が多くみられます。

日ごろから社会課題に関する情報収集を徹底することが求められます。

【2022年】

人口減少・少子高齢社会が本格化し、課題の複雑化と財政状況の悪化が懸念される状況下において、自治体が単独で対応することには限界が出てきている。そうした限界を克服する方法の一つとして注目されているのが、自治体が様々な目的・規模・手法において相互に協力し合う広域連携である。そこで今後、どのような政策課題について、いかなる広域連携が効果的か、具体的な事例を挙げながら論じなさい。

【2021年】

新型コロナウイルスの感染拡大は、様々な分野に影響を及ぼしている。そうした状況下において、自治体行政は、どのような新しい課題を抱えることになったと考えるか。その課題について具体例を挙げながら説明するとともに、これから自治体が取り組むべき対応策について論じなさい。

【2020年】

人口減少や少子高齢社会を背景に、税収の減少などにより、行政コストが削減され、公共サービスが縮減していくことが懸念されている。そうした中で、行政はいかなる発想と工夫を施していくべきか、具体的な政策課題を挙げて論じなさい。

論文試験は出題傾向を把握してればOK

千葉県の論文試験は過去問を見る限りそこまで難しくはありません。

出題傾向を把握し、基本的な知識を覚えていれば合格答案は書けます。