面接が得意な人は読み飛ばしてOK
【これ使って面接で助けられた話】

面接官の直感に対応する方法
「自分が面接官にどのような印象を持たれているのか」を知る方法

面接ってほとんど直感で答えますよね。

面接官はその回答から、色々なイメージを受験生に抱きます。

「この子ってストレス耐性は大丈夫?」とかですね。そして、予想もしない質問を投げかけてきます。

わたしの場合、次のようなフィードバックを貰っていたので助かりました。実際の面接では、ストレス耐性等の質問をされることがありましたが、このコメントのお陰で万全の対策ができていました

短所が的中
OfferBox の社会人基礎力に関するコメント
 ストレス耐性が的中
キミスカの人物像に関するコメント

これは100以上の質問に直感で答えた結果として貰えるコメント。直感で答えたことに対するコメントなので、まさに面接官側の印象を知れるというわけです。

民間の就活生は使うのに、なぜか公務員受験生は使わないこの自己分析ツール。

私は次の2つを使って助けられましたが、一つでも充分です。

今、多くの公務員受験生が使っています!!

➤【無料】Offerboxで自分の印象を調べてみる

【就活生の3人に1人が使っている】オファーボックスの使い方

「新規登録」をクリックし、メールアドレスとパスワードを設定するだけ。

あとは、基本情報を簡単に入力するだけ。

入力後、適性検査を受けることができます!

➤【無料】Offerboxの公式サイトはこちらから

➤【無料】キミスカで自分の印象を調べてみる

【就活生の4人に1人が使っている】キミスカの使い方

「新規登録」をクリックし、メールアドレスとパスワードを設定するだけ。

あとは、基本情報を簡単に入力すれば、適性検査を受けることができます!

➤【無料】キミスカの公式サイトはこちらから

無料なので今登録して、落ち着いたら試してみる
新卒時と転職時の面接でかなり助けられたのでおすすめ!民間の就活生の多くが利用しています。

\民間の就活生は活用しています/

就活生の3人に1人が使っている
➤【無料】OfferBoxで自己分析をしてみる
就活生の4人に1人が使っている
➤【無料】キミスカで自己分析をしてみる

【簡単】公務員志望者ももちろん登録できます

この記事で知れること
  • 三重県庁の論文試験の概要
  • 三重県庁の論文試験の出題テーマ
  • 三重県庁の論文試験過去問

三重県の論文試験の概要や過去問についてまとめています。

過去問から出題傾向を把握することが一番大事なので、この記事を読んでしっかりと対策しましょう。

\民間の就活生は活用しています/

就活生の3人に1人が使っている
➤【無料】OfferBoxで自己分析をしてみる
就活生の4人に1人が使っている
➤【無料】キミスカで自己分析をしてみる

【簡単】公務員志望者ももちろん登録できます

面接対策する時間がない人へ
面接全通のノウハウはXで!
X(旧Twitter)で面接対策
面接対策情報を中心に
有益情報を発信中!

X(旧Twitter)はこちらから

志望動機の添削はこちらで!

添削依頼する
内定者の声

三重県庁:論文試験の概要

受験者の多い上級試験の概要です。

三重県の論文試験の概要
  • 試験時間:90分
  • 文字数:不明

文字数は不明ですが、おそらく一般的な他の自治体の試験と同様に1,000文字程度だと思われます。

人が一時間でかける文章は1,000字程度。

私の場合、早く書いて50分で1,300字程度書けます。

このことを考えると、三重県庁の論文試験は時間的余裕があると言えます。

これ以外の概要はホームページをご覧ください。

三重県のホームページはこちら

三重県庁:論文試験の過去問例

三重県庁に限らず論文試験は過去問をみて、出題傾向を把握することが大事。

出題されるテーマをある程度絞りこむことができるからですね。

ただ、古過ぎる過去問を見ても意味があまりありません。

ここでは三重県庁の近年の過去問を紹介します。

三重県庁の論文:直近の出題傾向

三重県の論文試験で過去に出題されたテーマは以下の通りです。

年度テーマ
2022カーボンニュートラル
2021人口減少
2020男女共同参画
2019三重県の予算について
2018三重県の財政状況について
2017三重県の財政状況について
2016①多文化共生
②情報発信について
2015①サミット開催について
②防災
2014①魅力ある三重県にするために
②少子化
2013①地震対策
②女性の活躍

見てみると、あまり特殊なテーマは見られません。

基本的なテーマを準備しておきましょう。

三重県庁の論文:直近3年の出題例

三重県の論文試験の直近3年の過去問は以下の通り。

古すぎる過去問を見ても参考にならないので、3年分ぐらい把握してればOKです。

三重県の論文試験は、三重県と行政課題を絡めた出題となっているので、面接対策もかねて三重県のことについても調べておきましょう。

【2022年】

我が国は、令和2(2020)年10月に「2050年カーボンニュートラル」を宣言し、令和12(2030)年度において、温室効果ガス46%削減(2013年度比)をめざすこと、さらに50%の高みに向けた挑戦を表明する等、国内外のカーボンニュートラルへの動きはますます加速しています。本県では、この動きをチャンスととらえ、カーボンニュートラルの実現に向けた取組を産業・経済の発展につなげていく視点から、令和8(2026)年度までの5年間において、優先的・先駆的に実施する取組の方向性を整理した「ゼロエミッションみえ」プロジェクトを進めています。そこで、本県においてカーボンニュートラルの施策を推進するにあたり生じる課題を述べ、行政としてどのような点を考慮して対策を行えば良いか、あなたの考えを論述してください。

【2021年】

三重県の総人口は、平成19年(2007)年の約187万人をピークに減少に転じ、現在まで減少傾向が続いています。平成27(2015)年に策定した「三重県人口ビジョン」の将来推計では、人口減少が進むと、2060年時点には県全体で約120万人まで落ち込むことが予想されています。人口減少に係る問題は、一朝一夕に解決できない構造的な問題であり、その課題解決に向けては多岐にわたる分野の取組を結びつけることが重要です。今後、人口減少に歯止めをかけ、地域の自立的かつ持続的な活性化を図るためには、行政として限られた予算の中で、どのような点を考慮して対策を行えばよいか、本県において人口減少が進む要因と人口減少が本県にもたらす影響に触れたうえで、あなたの考えを論述してください。

【2020年】

わが国では、男女共同参画社会基本法に基づき、男性中心型労働慣行等の変革、政策・方針決定過程への女性の参画拡大、さまざまな分野における女性の就業機会拡大等の取組が進められています。これらの取組による男女共同参画の推進によって、社会や家庭にどのような効果がもたらされるか、また男女共同参画の推進を困難にしている要因と、その要因に対して地方自治体として限られた予算の中でどのような点を考慮して対策を行えば効果的か、あなたの考えを論述してください。

論文試験は出題傾向を把握してればOK

三重県の論文試験は過去問を見る限りそこまで難しくはありません。

出題傾向を把握し、基本的な知識を覚えていれば合格答案は書けます。